樹皮が自然にはがれ、紅黄色の独特な色になることから、別名ハダカノキ、ビラン等とも呼ばれる。温暖帯南部の植物で小田原が植物分布上、最北限とされており、古く大正時代から国の天然記念物に指定されている。

[所在地] 早川
[所有] 個人
[樹名] バクチノキ(バラ科)
[樹相] 目通り幹周り:約4.9m
    樹の高さ:約20m
[樹齢] 300年以上