江戸時代に書かれた『相中雑志』に「御本丸多聞櫓の近き方に七本松という老松あり」とある。この木はその一本と推定される。クロマツ特有の優美な姿を保ち、天守閣を背に立つその姿は、本丸広場の至宝とされている。

[所在地] 城内 小田原城址公園
[所有] 神奈川県
[樹名] クロマツ(マツ科)
[樹相] 目通り幹周り:約5.3m
    樹の高さ:約30m
[樹齢] 400年以上

■アクセス
・小田原駅より徒歩10分