観音堂の入り口にある左右の彫刻。
古くから左甚五郎の作と言い伝えられています。

800年以上も昔から神仏混交の名所。とび職、江戸消防の人々に信仰されてきました。

■所在地/小田原市石橋