二宮尊徳の生家。

茅葺き屋根がしっとりとした潤いを感じさせます。

ひんやりとした土間に足を踏み入れ、梁を見上げるとたちまち250年前にタイムスリップしてしまうようです。

■所在地/小田原市栢山